グリーンのコンセプト

「疲れやすい」「やる気がしない」「痛みがとれない」「毎日治療をしているが治らない」「薬漬けの毎日で不安」「更年期とか年のせいといわれ、あきらめている」「いろいろ情報を調べるが、どこへ行っていいか混乱する」というようなことを良く耳にします。
世の中は増々進化し便利になっているにもかかわらず、私たちの身体は新しい病気、症状で悩まされているのが現状です。

そこで少し発想を変え、それら病気、症状はそれが原因ではなく結果的な現象として出てきているのだと考えてみてはいかがでしょうか?
なんと病気、症状は身体の働きが不調和であるという身体の内部からのメッセージであり、原因ではないのです。それでは原因は?
実は私たちの身体全体の機能をコントロールしている脳から情報の伝達が妨害され、その結果、現象としての病気、症状が出てきているのです。
そこで私共グリーンでは、病気、症状の原因である脳からの情報の伝達が妨害されている唯一の場所、上位頸椎に対してアジャストメント(調整)を行います。
その結果、脳からの情報は妨害無く神経系を経由して、身体のすみずみまで行きわたり健康になるのです。

私達の身体の中には自然治癒力が備わっています

ご存知のように私達の身体は約60兆個もの細胞がそれぞれ組織、器官となって一つの肉体を形成しています。
その細胞一つ一つに自然治癒力が備わっており、普遍的な力として年齢を問わず身体の内部に100%存在しています。
この私達の身体をコントロール(統制)しているのが脳を中心として神経系なのです。

脳からの情報は神経系(中枢〜末梢神経)を経由して全身の隅々まで伝達されています

脳からの情報は神経系(中枢~末梢神経)を経由して全身の隅々へ伝達されています
自然治癒力を含んだ約60兆個の細胞の集合体である私たちの身体の営みをコントロールしているのが神経系の中心である脳の大事な役目なのです。

権威ある解剖学書Gray’s Anatomy®によれば

The nervous system controls all cells, organs and, bodily systems. 訳)神経系は、人体を構成するすべての細胞、組織及び身体全体の機構をコントロールする

とあります。
このように脳からの情報は神経系を通して体温調整、消化吸収、組織の再生、修復、血流、呼吸、その他ありとあらゆる生命の働きかけをコントロールしているのです。

Q

何故、上位頸椎を調整(アジャストメント)するだけで病気、症状が自分の力で治ってくるのですか?

A

上位頸椎のカイロプラクティックは自然の法則に基づいているからなのです

重要な神経と血管が集まっています

首の骨(頸椎)は七個あり、中でも上位頸椎(第一、第二頸椎)は重い頭を支える大切な役目を持っています。
またこの部位は頭頸移行部(スペシフィック エリア)と呼ばれ、解剖学的に重要な神経群、血管群が集約しています。ここに僅かでも変位が生じると、脳と身体の情報伝達が妨害されます。(これをサブラクセーションと呼んでいます。)その結果、身体は自律神経系などの働きが不十分となり、心身に機能亢進、低下や病気、症状となってあらわれます。

身体の重心バランスをとっています

重力の存在しているこの地球に二本足で立ち、かつ正常に歩行するためには、頭の位置と背骨との絶妙がバランスが重要です。
そこで頭蓋骨(約5kg)を直接支える上位頸椎がポイントとなってきます。
ここにわずかなズレが生じると頭蓋骨が傾いて、身体の重心バランスが崩れてしまい、連鎖反応的にそれを補うために長年かけて背骨や全身の関節、筋肉に負担がかかります。
※1血流が悪くなり、リンパ液の流れも悪くなります。(右図)
※1MRI、レントゲンなどで「変形が有る」「骨と骨の間隔が狭い」等はこのことを意味しているのです。

脳と脊髄を保護している硬膜に影響を与える

脳と脊髄は硬膜という膜状組織でおおわれていて、その中にある脳脊髄液(CSF)で満たされています。
この液体は脳と脊髄とを保護し、各神経に栄養を与え、代謝を行っています。
上位頸椎の変位によりこの硬膜にわずかな緊張が生じ、その結果、脳脊髄液の流れが悪くなり、神経系の機能は低下します、且つ脳自体がプレッシャーを受けるため、全身への情報の伝達が妨害されます。
ホルモン系にも多大な影響を与えます。

以上のメカニズムが複雑にからみあい、脳からの情報の伝達が妨害されます。結果として全身に病気、症状となって表れます。
そこで、当オフィスでは原因である上位頸椎へのアジャスメントを行います。